九州の鳥たち・・・初見のナベコウ

まだ見ぬ鳥を求めて冬の九州を訪れました。今日はそんな中から初見のナベコウをご紹介します。

ナベコウはアフリカ大陸南部やユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、冬季になると越冬のためアフリカ大陸中部やユーラシア大陸南部へ渡るとされ、日本では稀な冬鳥として沖縄や九州への渡来例が比較的多いようです。

ナベコウ探しは簡単ではないことはブログや知人からも聞いていましたので、今回、現地で2日間滞在の日程を組んでおりましたが、実際に訪れてみるとあまりにも広い田園地帯でおまけにクリークも無数あり、探すのは困難を極めることを直感させられました。

そして、初日は下見を兼ね、現地のカメラマンから朝方は見た人がいるという場所に向け車を走らせました。暫くすると前方にツルのような姿をした真っ黒な鳥を発見。急いで双眼鏡で確認すると、何と探し求めていた憧れのナベコウでした。急いで証拠写真を撮ったあと、光線の比較的よい場所に移動して撮ったのが以下の写真です。

水田の畦で佇んでいたナベコウ

ナベコウ1

以下、大きくトリミング。嘴や足は赤いものの目の周りにはそれ程赤味が見られないことから、成鳥一歩前の若い個体でしょうか・・・

ナベコウ2

ナベコウ3

暫く同じ場所で佇んでいた後、少し移動し始めました。

ナベコウ4

ナベコウ5

そして、周りの様子を見ていたかと思うといきなり飛び立ちました。

ナベコウ6

ナベコウ7

コウノトリに比べ若干小さいものの、飛んでいる姿はコウノトリとよく似ています。

ナベコウ8

ナベコウ9

陽を浴びると黒い羽衣に緑色や紫色の光沢が美しく光っていました。

ナベコウ10

そして、徐々にこちらに向かって旋回し・・・

ナベコウ11

逆方向に飛び去っていきました。

ナベコウ12

今日は初見のナベコウをご紹介しましたが、現地には2羽のナベコウが渡来しているということで、翌日もナベコウ探しに時間を割きましたが、結局その日は1羽も見ることができず改めてナベコウ探しの難しさを思い知らされました。後で考えると初日、現地到着後すぐに発見できたのは奇跡としか言いようがありません・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは。
国内はもとより海外まで初めて見る野鳥ばかり。
毎日楽しみに見ています。
解説も勉強になります。
きょうのナベコウは特にジャスピンで色もすばらしいですね。

No title

なか様

いつもご覧いただきありがとうございます。
しばらく家を空けていましたのでコメントが遅れました。
体が動くうちに行けるところに行っておこうと思い、老骨に鞭打ち
心だけは子供のような気持ちで、まだ見ぬ鳥を求めて出かけています。

今回のナベコウは初めての鳥でしたが、たまたま光線がよく、
独特の羽衣の色が出てくれました。
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる