九州の鳥たち・・・ナベヅル

九州遠征の続きで、今日も同じく出水市のナベヅルご紹介します。

出水市に渡来するツルはナベヅルが最も多く、今年は約10,000羽以上が渡来しているとのことでした。因みにマナヅルは約2,000羽、カナダヅル4羽、クロヅル4羽、ナベクロヅル(クロヅルとナベヅルの交雑種)2羽だそうです。ナベヅルは灰色の羽色を鍋についている煤に見立てた名前で、その名の通り日本に訪れるツルの中では最も黒っぽく見えます。

山をバックに群れで飛翔するナベヅル。

ナベヅル0

先頭は頭部が黄褐色味を帯び、目の周囲が黒い若鳥。

ナベヅル2

ナベヅル1

ナベヅル4

ナベヅル3

頭上から見ると頭頂の赤色がよく分かります。

ナベヅル5

ファミリーで行動していたナベヅル親子。一番右側は若鳥。

ナベヅル6


今日は当地に最も多く渡来するナベヅルをご紹介しましたが、ナベヅルの北帰行はマナヅルより遅いとはいえ、彼らも間もなく北の繁殖地に向け旅立っていきます・・・


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる