九州の鳥たち・・・ヒシクイ

昨日に続き、今日は同じく冬鳥として出水市に渡来しているヒシクイをご紹介します。

日本に渡来するヒシクイには亜種オオヒシクイ(全体の約80%)と亜種ヒシクイ(約20%)、亜種ヒメヒシクイ(ごく少数)の3亜種の記録があるようですが、地元の方の話では当地を訪れるヒシクイは亜種ヒシクイだそうで、嘴と頸が太くて短いのが特徴だそうです。

刈田に水を張って作られた池にいた亜種ヒシクイ。

ヒシクイ2

真ん中の1羽が羽ばたいてくれました。

ヒシクイ3

ヒシクイ4

こうして見ると、亜種ヒシクイの特徴である嘴と頸が太く短いのがよく分かります。手前はツクシガモ。

ヒシクイ5

こちらは低空飛翔する亜種ヒシクイ。飛ぶ姿はやはりマガンとよく似ていますね・・・

ヒシクイ1

今日はツルの渡来地として有名な出水市にやって来た亜種ヒシクイをご紹介しましたが、ツルのみならず、先日ご紹介したツクシガモやアカツクシガモなど、実に多様な野鳥が渡来する出水市はとても魅力的なところです・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる