コスタリカの鳥たち・・・シマクマゲラ、チャバネテンニョゲラ

コスタリカシリーズの続きで、今日は何れもキツツキの仲間、シマクマゲラとチャバネテンニョゲラをご紹介します。

最初はシマクマゲラ(Lineated Woodpecker)です。シマクマゲラは体長約33cmの大型のキツツキで、メキシコ北部からアルゼンチン北部にかけて生息し、コスタリカでは太平洋側とカリブ海側の低地で観察できるようで、比較的開けた場所を好むと言われています。また、名前の由来ですが、顔から頸、背にかけて白い線条斑が見られることから、Lineated(線条の)、あるいは縞となったのではないかと思われます。

人家近くの比較的開けた場所に現れたシマクマゲラのオス。真っ赤な冠羽が何とも魅力的です。

シマクマゲラ1

シマクマゲラ2

次はチャバネテンニョゲラ(Chestnut Woodpecker)です。チャバネテンニョゲラはメキシコからブラジルにかけて分布し、コスタリカではカリブ海側で生息する体長約23cmのキツツキで、シマクマゲラ同様、大きな冠羽があることから大変人気があるようです。

早朝のまだ薄暗い時間帯、突然現れたチャバネテンニョゲラ。英名は単純に「栗色のキツツキ」ですが、日本名は全体の印象から天女に見立てたものと思われますが、個人的にはこちらの方が謎めいて面白く感じます。

チャバネテンニョゲラ4

チャバネテンニョゲラ3

最初は枝にとまっていましたが、その後近くのヘリコニアの花?でしょうか、色合いのいいところに降りてきてくれました。

チャバネテンニョゲラ2

ヘリコニアの花の中でじっとしていたチャバネテンニョゲラ。

チャバネテンニョゲラ1

今日は何れも冠羽のあるキツツキの仲間、シマクマゲラとチャバネテンニョゲラをご紹介しましたが、このように冠羽があるだけで見た目の印象が大きく変わり、魅力的な雰囲気を醸し出していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる