コスタリカの鳥たち・・・クロコンドル、ヒメコンドル

コスタリカシリーズの続きで、今日は北アメリカ大陸から南アメリカ大陸にかけて分布するコンドル、クロコンドルとヒメコンドルをご紹介します。

最初はクロコンドル(Black Vulture)です。クロコンドルは北アメリカ大陸南部から南アメリカ大陸にかけて分布する体長約64cmのコンドルで、全身はほぼ黒色をしており脚は白色で尾が短いのが特徴です。主に動物の死骸を食べるほか、時に果実や鳥の卵も食べることがあるようです。

ツアー中、いろいろな場所でよく見かけたクロコンドル。顔には羽毛がないようで、まるでお面を被っているような不思議な雰囲気を醸し出していました。

クロコンドル10

クロコンドル11

クロコンドル12

地面に降りたクロコンドル。見れば見るほど不思議な顔をしています。

クロコンドル13

養魚場に集まったクロコンドル。弱って水面近くに上ってきた魚を狙っているそうです。

クロコンドル12

上空を飛翔するクロコンドル。

クロコンドル11

次はヒメコンドル(Turkey Vulture)です。ヒメコンドルは北アメリカ大陸から南アメリカ大陸、フォークランド諸島にかけて広く分布する体長約76cmのコンドルで、英名の通り顔がTurkey(七面鳥)のように赤い皮膚が露出したこれまた異様な雰囲気の怪鳥でした。ヒメコンドルは主に動物の死体を食べるため嗅覚が発達しており、匂いをたよりに死体を探すそうで、一説には16km先の匂いまで把握することができると言われています。

枯れ木のてっぺんで周りの様子を伺っていたヒメコンドル。

ヒメコンドル3

ヒメコンドル4

獲物を探しているのか、上空を旋回していたヒメコンドル。

ヒメコンドル1

ヒメコンドル2

今日は北アメリカ大陸から南アメリカ大陸にかけて広く分布するクロコンドルとヒメコンドルをご紹介しましたが、ヒメコンドルについては、2年前アメリカ西海岸の砂漠地帯を旅行した際、上空を飛翔する姿を撮影しましたが、今回も同様の写真を撮ることができ大変懐かしく感じました。なお、今回のツアーではクロコンドルとヒメコンドルしか見れませんでしたが、当地には小型コンドルの王様ともいうべき異様な顔をしたトキイロコンドル(King Vulture)も生息しており、次回は是非こちらも見てみたいものだと思いました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる