香港の野鳥・・・コウノトリ

香港シリーズの最後に、今日は米埔自然保護区で見ることができたコウノトリをご紹介します。

コウノトリと言うとドイツやオランダのおとぎ話に出てくる鳥で、赤ちゃんを連れてくる鳥として知られています。かっては日本でも兵庫県や福井県で繁殖していたそうですが、今では冬の間1羽か2羽が飛来するだけという珍鳥になってしまったようです。今回、遥か彼方ではありましたが初見のコウノトリを見ることができましたのでご紹介します。

遥か彼方のクレーンの上に止まっていたコウノトリ。

コウノトリ1

大きくトリミングしてみました。
一見ツルのようにも見えますが、風切と嘴は黒く足は淡紅色をしています。コウノトリには亜種が3種いるようですが、このコウノトリは嘴が黒いことから(他の2種は赤い)日本にやってくる亜種と同じくユーラシア東部で繁殖するOriental Storkであるようです。

コウノトリ2

今回、遥か彼方の豆粒ほどのコウノトリでしたが、日本ではほとんど見ることができなくなった今、この希少種を見られただけでもラッキーでした。

香港シリーズは今回で最後となりますが、今回それ程大きな期待を持たずに訪れた香港でしたが、予想以上に多くの野鳥を見ることができ大満足で帰って来ました。やはり香港は第一級の探鳥地であるようです・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる