FC2ブログ

コスタリカの鳥たち・・・オオホウカンチョウ

再びコスタリカシリーズに戻ります。今日は自然保護区で出会ったオオホウカンチョウをご紹介します。

オオホウカンチョウ(Great Curassow)はメキシコ南部からエクアドル西部にかけて生息しているキジ目ホウカンチョウ科の体長約91cmの大型の鳥で、かつてはコスタリカのカリブ海側、太平洋側の低地から中高地で普通に観察されていたそうですが、森林域の減少や「森の質」の低下などにより個体数が減少の一途を辿り、現在では一部の国立公園や保護区内に少数が生息しているのみだそうです。

保護区内の敷地に現れたオオホウカンチョウ。真っ黒な大きな体にカールした冠羽がなんともお洒落で、嘴基部の黄色いこぶがアクセントになっており、存在感たっぷりの大変魅力ある鳥でした。

オオホウカンチョウ10

オオホウカンチョウ1

オオホウカンチョウ2

オオホウカンチョウ3

オオホウカンチョウ4

今日は自然保護区で出会ったオオホウカンチョウをご紹介しましたが、これら大柄な生き物ほど広大なテリトリーを必要とするため、伐採が進む場所では一番先に種の存続の危機に立たされると言われています。野生動物の存在はその森林が保護され、高い質を保っている事を示しており、森林の状態を測るバロメーターともなっています。これら貴重な生き物を絶滅させないよう関係国の対応に期待したいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる