コスタリカの鳥たち・・・サザナミフウキンチョウ、ソライロフウキンチョウ、キンズキンフウキンチョウ

コスタリカシリーズの続きで、今日はフウキンチョウの仲間、サザナミフウキンチョウ、ソライロフウキンチョウ、キンズキンフウキンチョウをご紹介します。

フウキンチョウは南北アメリカ(ガラパゴス諸島を含む)の熱帯に生息し、一般的にオスは色鮮やかな羽色が多く、メスは地味なものが多いようです。生息環境としては主に熱帯林の樹冠に住み、食性は多様で、昆虫、花蜜、木の実など何でも食べるようです。

最初はサザナミフウキンチョウ(Spangle-cheeked Tanager)です。サザナミフウキンチョウはコスタリカでは主に中央部の熱帯雨林地帯に生息する体長約13cmのフウキンチョウで、英名のように頬にスパンコールを付けたような鮮やかな模様があり、最初に見たときはあまりにも色鮮やかでドキッとしました。

木の実を食べにやって来たサザナミフウキンチョウ。

サザナミフウキンチョウ1

サザナミフウキンチョウ2

次はソライロフウキンチョウ(Blue-grey Tanager)です。ソライロフウキンチョウはメキシコ南部からボリビア北東部、ブラジル北部、南端を除くアマゾン盆地全域に分布する体長約15cmのフウキンチョウで、コスタリカでは全土でごく普通に見られるようです。名前のように頭から腹にかけて青みがかかった灰色、背中から尾にかけてはまさに空色をした大変美しい鳥でした。

ツアー中、何度も姿を見せてくれたソライロフウキンチョウ。

ソライロフウキンチョウ5

ソライロフウキンチョウ6

ソライロフウキンチョウ7

最後はキンズキンフウキンチョウ(Golden-hooded Tanager)です。キンズキンフウキンチョウはメキシコ南部からエクアドルの西部にかけて生息している体長約13cmのフウキンチョウで、名前のように頭が金色で体は濃紺に空色が混じった、これまた大変色鮮やかな美しい鳥でした。

木の実を食べにやって来たキンズキンフウキンチョウ。

キンズキンフウキンチョウ1

キンズキンフウキンチョウ2

今日はフウキンチョウの仲間、サザナミフウキンチョウ、ソライロフウキンチョウ、キンズキンフウキンチョウをご紹介しましたが、解説書にある通り何れのフウキンチョウも色鮮やかで美しく、見るたびに魅入られてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる