コスタリカの鳥たち・・・ハイバラエメラルドハチドリ、クロツノユウジョハチドリ、コスタリカノドジロフトオハチドリ

昨日の続きで、今日もコスタリカで出会ったハチドリの仲間たちをご紹介します。

最初はハイバラエメラルドハチドリ(Rufous-tailed Hummingbird)です。ハイバラエメラルドハチドリは体長10cmほどの中型のハチドリで、メキシコ北東部からベネズエラ西部、エクアドルの西部にかけて生息し、コスタリカでは最も普通に観察できるハチドリだそうです。尾羽の赤茶が魅力的でエメラルドグリーンの光沢も美しく、まさに「空飛ぶ宝石」そのものです。

ホタテ草にやって来たハイバラエメラルドハチドリ。

ハイバラエメラルドハチドリ1

ハイバラエメラルドハチドリ2

ハイバラエメラルドハチドリ3

ハイバラエメラルドハチドリ4

ハイバラエメラルドハチドリ6

次はクロツノユウジョハチドリ(Black-crested Coquette)です。クロツノユウジョハチドリ全長8cmほどあり、メキシコ南部からコスタリカにかけて生息しており、コスタリカではカリブ海側の低地から標高1200mくらいの細いベルト状のエリアにのみ生息し個体数も多くはないとされています。クロツノユウジョハチドリの特徴はブラシのような黒い角状の冠羽とあご髭ですが、雌や雄の若鳥にはこれらの特徴がないようです。

オスに見られるユニークな冠羽やあご髭がないクロツノユウジョハチドリのメス。

クロツノユウジョハチドリ2

クロツノユウジョハチドリ1

クロツノユウジョハチドリ10

クロツノユウジョハチドリ11

次はコスタリカノドジロフトオハチドリ(Scintillant Hummingbird)です。コスタリカノドジロフトオハチドリは体長約8cmの小型のハチドリで、コスタリカとパナマ西部にのみ生息する準固有種であり、コスタリカでは国土の真ん中を走る山脈地帯に生息し標高2200mがその上限となっているそうです。

日本名のごとく喉が白く尾が太いコスタリカノドジロフトオハチドリのメス。英名のScintillantは「キラキラ光る」という意味ですが、光が当たると確かに体全体が宝石のように輝いていました。

コスタリカノドジロフトオハチドリ

コスタリカノドジロフトオハチドリ10

コスタリカノドジロフトオハチドリ11

昨日に続きハチドリの仲間3種をご紹介しましたが、ハチドリの仲間は見た目には大変よく似ており、一見しただけでは種の特定はなかなか難しいのですが、その特徴を見つけながら図鑑と照合する作業はなかなか面白いものでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる