コスタリカの鳥たち・・・キバラオオタイランチョウ、カマハシタイランチョウ

コスタリカシリーズの続きで、昨日に続きタイランチョウの仲間をご紹介します。

最初はキバラオオタイランチョウ(Great Kiskadee)です。キバラオオタイランチョウはテキサス州南部・メキシコ南部からカリブ海、アルゼンチンにかけて広く分布し、コスタリカではほぼ全域で見られる全長約23cmのタイランチョウで、タイランチョウの中では比較的大きなサイズであり、黒い頭に目の上の白い筋、黄色いお腹が特徴的です。

滞在中、何度となく出会ったキバラオオタイランチョウ。名前のように鮮やかな黄色のお腹と黒色の太い過眼線がとても印象的な鳥でした。

キバラオオタイランチョウ1

キバラオオタイランチョウ2

キバラオオタイランチョウ3

次はカマハシタイランチョウ(Northern Bentbill)です。カマハシタイランチョウはメキシコ南部からコスタリカにかけて生息している(パナマ西部からコロンビア北西部には南米種Southern Bentbillが生息)全長約10cmの小型のタイランチョウで、コスタリカでは中央盆地帯や山岳部を除くエリアで生息し、二次林、藪のある雑木林、林縁などを好み、地面から5m未満にいることが多いそうです。

枝でひっそりととまっていたカマハシタイランチョウ。英名、日本名からも分かるように嘴が鎌のように曲がっており、
よく似た他の鳥との識別に役立ちます。

カマハシタイランチョウ1

カマハシタイランチョウ2

次はパナマヒタキモドキ(Panama Flycatcher)です。パナマヒタキモドキはコスタリカからコロンビアの北部、ベネズエラ北西部にかけて生息する全長約20cmのタイランチョウの仲間で、コスタリカではマングローブ林が存在するニコヤ半島南部からパナマ国境にかけてのマングローブ林で生息しており、主に昆虫を捕食しているようです。

マングローブのボートツアーで出会ったパナマヒタキモドキ。体の割には大きな昆虫を咥えていました。

パナマヒタキモドキ2

パナマヒタキモドキ1

昨日に続きタイランチョウの仲間3種をご紹介しましたが、昨日ご紹介したオウギタイランチョウやハシナガタイランチョウ同様、何れも見た目にも攻撃的な雰囲気を漂わせていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる