コスタリカの鳥たち・・・シラガフタオタイランチョウ、カトリタイランチョウ、ブチタイランチョウ

昨日の続きで、今日もタイランチョウの仲間たちをご紹介します。

最初はシラガフタオタイランチョウ(Long-tailed Tyrant)です。シラガフタオタイランチョウは中米のホンジュラスから南米のアルゼンチンまで広く分布し、コスタリカではカリブ海側の低地で見られ、名前のように通常の尾に加えて更に細長い二本の尾が生えているため、まるで後から二本の尾を付け足したように見えます。体長そのものは13cm程の長さですが、オスでは尾の長さが12cm程あり、全長は25cm程の長さになるようです。

虫を追いかけて飛び回った後、梢にとまったシラガフタオタイランチョウ。

シラガフタオタイランチョウ1

シラガフタオタイランチョウ2

シラガフタオタイランチョウ3

次はカトリタイランチョウ(Torrent Tyrannulet)です。カトリタイランチョウはコスタリカ、バナマ西部からコロンビア、ベネズエラ北西部、ボリビア北部の亜熱帯に分布し、標高の高い地域の渓流などに生息する全長約10cmの小型のタイランチョウで、 渓流の岩の上などにいることが多く、セキレイ科の鳥のように尾を上下に振る習性があるようです。

標高の高い渓流の岩場にいたカトリタイランチョウ。名前のように蚊などの虫が好物のようです。

カトリタイランチョウ1

カトリタイランチョウ2

次はブチタイランチョウ(Streaked Flycatcher)です。ブチタイランチョウはコスタリカでは太平洋側でよく見られる全長約20cmの大型のタイランチョウで、名前のように胸にまだら模様があることから名付けられたものと思われます。

枝にとまっていたブチタイランチョウ。胸の縦斑がよく目立ちます。

ブチタイランチョウ1

ブチタイランチョウ2

一般的にタイランチョウの仲間は特徴のないものが多いと言われますが、そんな中、今日ご紹介したシラガフタオタイランチョウはその長い二本の尾に特徴があり、一度見たら忘れられないインパクトがありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる