FC2ブログ

コスタリカの鳥たち・・・カンムリサンジャク、オナガクロムクドリモドキ、ウタムクドリモドキ、ハゴロモガラス

コスタリカシリーズの続きで、今日はカラス科やムクドリモドキ科の鳥たちをご紹介します。

最初はカンムリサンジャク(White-throated Magpie-jay)です。カンムリサンジャクはメキシコ中央部からコスタリカにかけて生息している全長約48cmのカラス科、サンジャク属の鳥で、コスタリカでは北西部では普通種だそうですが、最近は徐々に生息範囲を広げ、カリブ海側でも記録があるようです。水辺近くの林縁や少し開けた場所、木々が散在するサバンナなどを好み、民家の庭でも観察できるそうです。

名前のように冠羽に特徴があり、日本のオナガのような体色が大変美しい鳥でした。

カンムリサンジャク1

カンムリサンジャク2

カンムリサンジャク3

次はオナガクロムクドリモドキ(Great-Tailed Grackle)です。オナガクロムクドリモドキは北米から南米にかけてアメリカ大陸全域に分布している体長33cm~43cmのムクドリモドキ科の鳥で、環境適応能力が高いのか、コスタリカにおいてもほぼ全域で生息しているようです。

木の上で鳴いていたオナガクロムクドリモドキのオス。

オナガクロムクモドキ10

こちらは全身灰褐色をしたメス。

オナガクロムクドリモドキ1

次はウタムクドリモドキ(Melodious Blackbird)です。ウタムクドリモドキはメキシコ南東部からコスタリカにかけて生息している全長約25cmのムクドリモドキ科の鳥で、牧草地や野原、林縁、疎林などを好み、ペアや小集団で行動していることが多いようです。英名ではMelodious(メロディアス)、日本名でも歌が得意そうな名前になっていますが、その声はむしろ金属音的であり決して美しいとは言えないそうです。

樹上にとまっていた ウタムクドリモドキ。

ウタムクドリモドキ1

ウタムクドリモドキ1

最後はハゴロモガラス(Red-winged Blackbird)です。ハゴロモガラスは北米から南米に至るアメリカ大陸全土に分布する全長約23cmのムクドリモドキ科の鳥で、冬になると他のムクドリモドキ科の鳥たちとともに大集団を形成し、開けた野原や牧草地に居座って穀物を食べたりするため「悪の鳥」のイメージが定着しているようです。

藪の中にいたハゴロモガラスのオス。手前の葉が邪魔になりはっきりしませんが、肩羽に赤と黄の模様を見てとることができます。

ハゴロモガラス1

今日はカラス科やムクドリモドキ科の鳥たちをご紹介しましたが、カラスがいないコスタリカにおいては、ムクドリモドキ科の鳥たちがカラスの生物学的位置を占めているようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる