FC2ブログ

コスタリカの鳥たち・・・オオシギダチョウ、マダラウズラ

コスタリカシリーズの続きで、今日はオオシギダチョウとマダラウズラをご紹介します。

最初はオオシギダチョウ(Great tinamou)です。オオシギダチョウはメキシコ南部からブラジル中部、ボリビア北部にかけて生息している全長約43cmのシギダチョウ科の鳥で、コスタリカではカリブ海側、太平洋側の低地から中高地の多湿な森林で観察できるそうです。

日本名のようにダチョウとよく似た姿をしたオオシギダチョウ。オオシギダチョウはダチョウとも密接な繋がりがあるようで、一千万年前に存在した原始的な種から進化したとも言われています。

オオシギダチョウ5

オオシギダチョウ1

オオシギダチョウ5

オオシギダチョウ6

次はマダラウズラ(Spotted Wood-Quail)です。マダラウズラはメキシコ南部からパナマ西部にかけて生息している全長約25cmのキジ科の鳥で、コスタリカでは国の中央を走る山岳部に生息し、ウズラの典型で茂みの深いエリアに潜み、小集団で林床を徘徊していることが多いようです。

林の中を歩いていたマダラウズラ。名前のようにマダラ状の小さな白斑が特徴的でした。

マダラウズラ1

マダラウズラ2

マダラウズラ3

マダラウズラ4

今日は何れも林床を行動範囲としているオオシギダチョウとマダラウズラをご紹介しましたが、中でもオオシギダチョウについては、見るからに原始的な雰囲気を漂わせた鳥でした。このことは天敵が少なく生息環境も大きな変化がないため、進化をしなくても種の継続が可能だったためなのか、そんなことを考えさせる不思議な鳥でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる