FC2ブログ

コスタリカの鳥たち・・・アメリカレンカク、コンゴウクイナ、シロトキ、アメリカトキコウ、アメリカヘビウ、ナンベイヒメウ

コスタリカシリーズの続きで、今日は今までご紹介できなかった水辺の鳥たちをご紹介します。

最初はアメリカレンカク(Northern jacana)です。アメリカレンカクはアメリカ南部から中米にかけて分布し、冬季には南に渡る体長約23cmのレンカク科の鳥で、コスタリカではカリブ海側、太平洋側の両方で見られるようです。

河口付近に水辺を歩いていたアメリカレンカク。被写体までの距離が遠く、光線も強いため、見られるような写真ではありませんが証拠としてご紹介します。

アメリカレンカク1

アメリカレンカク2

アメリカレンカク3

次はコンゴウクイナ(Grey-necked Wood Rail)です。コンゴウクイナはメキシコ南部からアルゼンチン北部に分布する体長約38cmのクイナで、コスタリカではカリブ海側、太平洋側の海岸沿いの湿地、マングローブ林、植物の茂った沼沢地などで生息しているようです。

湿地帯の草叢から出てきたコンゴウクイナ。英名のように頸筋が灰色をした赤茶色のクイナでした。薄暗い中、予備機で撮ったためノイズの多い写真になってしまいました。

コンゴウクイナ1

次はシロトキ(American white ibis)です。シロトキは北アメリカ南部から南アメリカ北部にかけて分布する体長約64cmのトキの仲間で、コスタリカではカリブ海側と太平洋側の両方で生息しているようです。

真っ赤な嘴と脚が特徴のシロトキ。

シロトキ1

次はアメリカトキコウ(Wood Stork)です。アメリカトキコウはアメリカのメキシコ湾沿岸から、アルゼンチン北部、ウルグアイにかけて分布する体長約102cmのコウノトリ科の鳥で、コスタリカではカリブ海側と太平洋側の水辺で見られるようです。

シロトキやベニヘラサギ(左端)などと一緒に餌を探していたアメリカトキコウ(中央の大きな鳥)。

アメリカトキコウ1

次はアメリカヘビウ(Anhmga)です。アメリカヘビウはアメリカ南部からブラジル、アルゼンチン、キューバにかけて分布する体長約89cmのヘビウで、コスタリカではカリブ海側と太平洋側の海岸線や低地の湖沼などで生息しているようです。

全身真っ黒なアメリカヘビウのオス。

アメリカヘビウ10

こちらは頭から頸、胸にかけて黄褐色のメス。

アメリカヘビウ1

次はナンベイヒメウ(Neotropic cormorant)です。ナンベイヒメウはアメリカ南部から南アメリカ、西インド諸島に分布する体長約66cmのヒメウで、コスタリカではカリブ海側と太平洋側の海岸線、低地の湖沼などで生息しているようです。

アメリカヘビウと同じ場所にとまっていたナンベイヒメウ(左側)。この個体は体色が薄いことから若い個体と思われます。

アメリカヘビウ2

こちらも左の3羽がナンベイヒメウ。左から2番目の個体は体色が濃いことから成鳥と思われます。

ナンベイヒメウ1

今日は今までご紹介できなかった水辺の鳥たちをご紹介しましたが、昨日ご紹介したサギの仲間たち同様、何れも日本では見られない種ばかりであり、改めて日本とは遠く離れた地であることを思い知らされました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる