コスタリカの鳥たち・・・アメリカイソシギ、チュウシャクシギ、アメリカオオソリハシシギ、ダイゼン

今日まで長々とコスタリカの鳥たちにお付き合いいただきありがとうございました。コスタリカシリーズの最後に、今日は当地で出会ったシギやチドリの仲間をご紹介します。

最初はアメリカイソシギ(Spotted Sandpiper)です。アメリカイソシギは北アメリカ北部、中部で繁殖し、冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、南アメリカに渡って越冬する体長約20cmのシギで、コスタリカでは冬季、ほぼ全土で見ることができるようです。

赤い嘴と胸の褐色斑に特徴があるアメリカイソシギ。アメリカイソシギは日本では迷鳥として2003年に北海道で記録された1例のみですが、ここコスタリカではごく普通に見られるようです。

アメリカイソシギ1

アメリカイソシギ2

アメリカイソシギ3

次は日本でもお馴染みのチュウシャクシギ(Whimbrel)です。チュウシャクシギはユーラシア大陸と北アメリカの寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、冬季はアフリカ、中東、インド、オーストラリア、中央アメリカ、南アメリカへ渡り越冬。コスタリカでは冬季にカリブ海側と太平洋側の海岸線で見られるようです。

チュウシャクシギ1

チュウシャクシギ2

次はアメリカオオソリハシシギ(Marbled Godwit)です。アメリカオオソリハシシギは夏季はカナダと北アメリカで繁殖し、冬季にはカリフォルニア沿岸部からメキシコ湾、南アメリカにかけて越冬するシギで、コスタリカでは太平洋側の海岸線で越冬個体が見られるようです。

背中がマーブル模様をしたアメリカオオソリハシシギ。

アメリカオオソリハシシギ1

最後は日本でもお馴染みのダイゼン(Grey plover)です。ダイゼンは夏季にカナダ北部やロシア北部、アラスカ北部の北極海沿岸部で繁殖し、冬季になると各地の大西洋、太平洋、インド洋の沿岸部で越冬。コスタリカでは冬季にカリブ海側、太平洋側の海岸線で普通に見られるようです。

冬羽のダイゼン。

ダイゼン1

コスタリカシリーズの最後に、当地で出会ったシギやチドリの仲間ご紹介しましたが、アメリカと名の付くアメリカイソシギとアメリカオオソリハシシギについては南北アメリカを往き来しているのに対し、チュウシャクシギやダイゼンなど、地球規模で移動する渡り鳥たちもおり、改めて鳥たちの移動範囲の広さを思い知らされました。

今日まで長々とコスタリカの鳥たちをご紹介してきましたが、コスタリカで見られる鳥は日本で見られる鳥種を遥かに超える800種以上であり、その内、今回滞在した10日間で見た鳥は214種類という数でした。世界には約10,000種の野鳥が生息していると言われていますが、体が動く間に少しでも多くの野鳥たちに出会いたいものだと考えています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる