アホウドリ、クロアシアホウドリ

コスタリカシリーズの途中ではありますが、今日は先日乗船した八丈島航路で観察した初見のアホウドリとクロアシアホウドリをご紹介します。

最初は国内希少野生動植物種で特別天然記念物に指定されているアホウドリ(Short-tailed Albatross)です。アホウドリは北太平洋に分布し、夏季はベーリング海やアラスカ湾、アリューシャン列島周辺で暮らし、冬季になると繁殖のため日本近海に南下。繁殖地としては伊豆諸島の鳥島、沖縄尖閣諸島北小島、南小島でのみ繁殖が確認されていましたが、2011年以降はミッドウェー環礁でも繁殖が確認されているそうです。

帰りの航路でようやく姿を見せてくれたアホウドリ。突然頭上に現れましたが何とかシャッターに収めることができました。全体的に黒褐色気味であることから亜成鳥と思われます。

アホウドリ1

アホウドリ2

アホウドリ3

アホウドリ4

次はクロアシアホウドリ(Black-footed Albatross)です。クロアシアホウドリはアホウドリと同じく主に北太平洋に生息し、夏季はベーリング海やアラスカ湾、アリューシャン列島周辺に渡り、冬季になるとハワイ諸島、マーシャル諸島などで繁殖。日本では聟島列島、鳥島、尖閣諸島北小島で繁殖していますが、2013年4月、伊豆諸島の八丈小島(無人島)において約30羽が営巣を開始したことが確認されており、このまま繁殖地として定着すれば世界最北の繁殖地となるそうです。

アホウドリが現れた後しばらくして海面近くを低空飛翔し船を横切って行ったクロアシアホウドリ。クロアシアホウドリは全身すすけた黒褐色で、僅かに嘴基部周辺と目の下だけが白色でした。

クロアシアホウドリ1

今日は八丈島航路で観察した初見のアホウドリとクロアシアホウドリをご紹介しましたが、特にアホウドリについては、かっては小笠原諸島、大東諸島、澎湖諸島(台湾)でも繁殖していたそうですが、明治時代に入り輸出目的の羽毛採取が始まり、その後乱獲が続いたことにより一時は絶滅したと考えられていたそうです。その後、鳥島で繁殖している個体が再発見され保護活動が続けられたことによりその数は徐々に増加し、2010年における調査では鳥島の総個体数は2,570羽と推定されているそうです。このように人間との関わりの深い野生生物ですが、絶滅の危機に頻しないようこの先も手厚い保護を行ってほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる