FC2ブログ

石垣島の鳥たち・・・亜種シマアカモズ、亜種ツメナガセキレイ、亜種チュウダイズアカアオバト、アカガシラサギ

昨日の続きで、今日もこの時期の石垣島ならではの野鳥、亜種シマアカモズ、亜種ツメナガセキレイ、亜種チュウダイズアカアオバト、アカガシラサギをご紹介します。

最初は亜種シマアカモズ(Brown Shrike)です。亜種シマアカモズは九州南部や南西諸島に繁殖のため飛来(夏鳥)しますが、沖縄では越冬のため飛来(冬鳥)しているようです。

サトウキビ畑で休んでいた亜種シマアカモズ。亜種アカモズの上面が赤褐色なのに対し、亜種シマアカモズでは上面が灰褐色、下面は淡褐色の羽毛で覆われ、頭部は灰色の羽毛で覆われています。

シマアカモズ2

シマアカモズ3

散水器にとまった亜種シマアカモズ。

シマアカモズ1

シマアカモズ5

次は亜種ツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)です。ツメナガセキレイはアフリカ大陸、ユーラシア大陸、アイルランド、インドネシア、アメリカ合衆国(アラスカ州)、日本、フィリピンなどに広く分布し、日本では主に渡りの途中に飛来(旅鳥)しますが、夏季に亜種ツメナガセキレイが北海道で繁殖し(夏鳥)、冬季には亜種キタツメナガセキレイが越冬のため主に沖縄県に飛来(冬鳥)しているようです。

耕作地で餌を探していた亜種ツメナガセキレイ。日本では5亜種(シベリアツメナガセキレイ、カオジロツメナガセキレイ、キタツメナガセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、ツメナガセキレイ)が記録されていますが。石垣島で見るツメナガセキレイの大部分は亜種ツメナガセキレイのようです。

ツメナガセキレイ1

隣の芝生にやってきた亜種ツメナガセキレイ。

ツメナガセキレイ2

急に降ってきた雨で水浴びをしていました。

ツメナガセキレイ3

次は亜種チュウダイズアカアオバトです。ズアカアオバト(Whistling Green Pigeon)は屋久島から南西諸島、台湾、フィリピン北部に分布し、アオバトと大変よく似ていますが体はやや大きく、台湾の亜種には頭の上部に赤色部分があることからズアカアオバトと名付けられたようで、日本の亜種には赤色部はないそうです。
日本には、亜種ズアカアオバトと亜種チュウダイズアカアオバト(先島諸島)の2亜種が生息し、両者の違いは体の大きさで亜種ウズアカアオバトの方が一回り大きいとのことです。

電線止まりですが、美しい黄緑色をしていました。

チュウダイズアカアオバト1

最後はアカガシラサギ(Chinese Pond Heron)です。アカガシラサギはインドネシア、カンボジア、タイ、中国南東部、台湾、日本、ベトナム、マレーシア、ミャンマー東部、ラオスに分布し、夏季に中国中東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬しており、英名は中国で繁殖する事に由来しているようです。日本では冬季に越冬のため主に南西諸島に少数が飛来(冬鳥)するほか、その他の地域でも渡りの途中に飛来(旅鳥)する例もあり、稀にその地で繁殖することもあるようです。

上空を飛び去っていた夏羽のアカガシラサギ。気付いた時には既に遠くを飛んでおり鮮明な写真ではありませんが・・・

アカガシラサギ1

今日は留鳥の亜種チュウダイズアカアオバトを除き、この時期ならではの石垣島の野鳥をご紹介しましたが、夏鳥と冬鳥が交差するこの時期は野鳥の種類も多く、秋の渡りのシーズンと並んで野鳥観察の最適期といえます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる