初夏の高原の鳥たち・・・キビタキ、オオルリ、センダイムシクイ

夏鳥を求めて初夏の高原を訪れましたが、期待していた夏鳥はほぼ飛来しているようで、一年振りの出会いを楽しむことができました。

この日、一番多かったのがキビタキ(Narcissus Flycatcher)でした。森の至るところでキビタキが美しい囀りを奏でており、森を歩いているだけでも心が癒されます。

美しい姿を見せてくれたキビタキのオス。英名の通りいろいろなポーズをしてナルシスト振りを発揮してくれました。

キビタキ1

キビタキ2

腰の黄色部分が大きくとてもきれいな個体でした。

キビタキ3

キビタキ4

キビタキ5

この日キビタキには10個体ほど会いましたが、そんな中メスが1個体だけ混じっていました。枝被りですっきりしませんが・・・

キビタキ10

次は夏鳥の常連オオルリ(Blue-and-white Flycatcher)です。満開の桜に来てくれましたが、光線が強すぎてオオルリ本来の美しい色が出ませんでした。

オオルリ1

オオルリは樹冠に上がったきりで、結局下のほうには来てくれませんでした。お腹側から見るとまさに英名の通り、青と白のコントラストがはっきりしています。

オオルリ2

オオルリ3

次は水浴び場の近くにやって来たセンダイムシクイ(Eastern Crowned Warbler)です。英名のCrownedは王冠を載せたように見えることから来ているのでしょうか?

センダイムシクイ1

センダイムシクイ2

今日は初夏の高原で出会った夏鳥の常連、キビタキ、オオルリ、センダイムシクイをご紹介しましたが、今シーズン初の夏鳥たちを見て、私の夏が始まりました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる