ムギマキ、キビタキ

昨日に続き、今日も舳倉島に渡る前に訪れた公園で出会ったムギマキとキビタキをご紹介します。

最初はムギマキ(Mugimaki Flycatcher)です。ムギマキはロシア東部からオホーツク海沿岸、サハリン、アムール、中国北東部で繁殖し、冬期は中国南部、東南アジア方面に渡り越冬。日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国各地を通過しますが数は少なく、日本海側の島嶼(舳倉島、対馬等)では比較的よく観察されることで知られています。

枝から枝に飛び移り、飛んでいる虫を捕っていたムギマキ。上面の黒味は薄いですが、眼の後方に眉斑があること、喉から胸にかけてのオレンジ色が比較的濃いことから、オスの若い個体ではないかと思われます。

ムギマキ1

ムギマキ2

ムギマキ3

次は公園内の水路にやって来たキビタキ(Narcissus Flycatcher)です。初列風切が黒褐色であることから第1回冬羽から第1回夏羽に換羽中の個体と思われます。

キビタキ1

キビタキ2

キビタキ3

キビタキ5

今日は公園で出会ったムギマキとキビタキをご紹介しましたが、何れも彼らは通過鳥であり、当地で体力を回復したのちそれぞれの繁殖地に向け旅立っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。




スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる