FC2ブログ

舳倉島を訪れる鳥たち・・・コウライウグイス、アカマシコ、キマユホオジロ

2日間欠航のため待たされた舳倉島ですが、飛来状況はあまり芳しくないようで鳥影はそれ程多くはなく、少しばかり期待を裏切られた今回の舳倉島でした。それでもそんな中、さすが舳倉島と思わせる幾つかの鳥たちに出会うことができました。

最初はコウライウグイス(Black-naped Oriole)です。コウライウグイスはインド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、韓国、中国、台湾、北朝鮮、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、ラオス、ロシアに分布し、日本では数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼で春の記録が多いようです。

島内の松から松へと飛び回っていたコウライウグイス。動きが早くゆっくり撮らせてくれません。枝被りですが何とかこの一枚だけ撮影することができました。

コウライウグイス1

次は一度だけ目の前に現れたアカマシコ(Common Rosefinch)のメスです。アカマシコはスカンジナビア半島東部からカムチャツカ半島にいたるユーラシア大陸の亜寒帯、イラン高原、チベットなどで繁殖し、冬季はインド、東南アジア北部、中国南部に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥として、主に日本海側の島嶼で記録されることが多いようです。

島の道路を歩いていると突然現れた初見のアカマシコのメス。今まで図鑑で見ただけのアカマシコでしたが、直感的にアカマシコと分かり、メスではありましたが嬉しい気分になりました。

アカマシコ1

アカマシコ2

次はキマユホオジロ(Yellow-browed Bunting)です。キマユホオジロはシベリア中部で繁殖し、冬季は中国中部および南東部に渡り越冬し、日本では数少ない旅鳥として主に西日本に渡来。日本海側の島嶼部では春秋の渡りの時期に毎年記録され、特に対馬では春に割合普通に観察されるようです。

刈り込まれた草地で草の実を啄ばんでいたキマユホオジロのオス。名前のように黄色い眉斑がひときわ目立ちます。。

キマユホオジロ1

キマユホオジロ2

キマユホオジロ3

今日は数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼で記録が多いコウライウグイス、アカマシコ、キマユホオジロをご紹介しましたが、今年は鳥影が少ないとはいえ、このような鳥たちに出会うことのできる舳倉島はやはり魅力あふれる島と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる