舳倉島を訪れる鳥たち・・・シマゴマ、マミチャジナイ

舳倉島シリーズの続きで、今日はこれまた舳倉島ならではのシマゴマ、そしてマミチャジナイをご紹介します。

最初はシマゴマ(Rufous-tailed Robin)です。シマゴマはロシア東部のバイカル湖付近から沿海州、サハリンに夏鳥として渡来、繁殖し、冬期は中国南部から東南アジアに渡り越冬。日本では旅鳥として主に日本海側で観察されていますが数は少なく、舳倉島のような場所に来ないとなかなかお目にかかれない鳥でもあります。

水場に現れたシマゴマ。額から尾にかけての上面は褐色で尾は赤みがかった褐色。腹部は白色で、頸の両側、胸、脇にオリーブ褐色の鱗状斑があることが特徴で、日本名は下面の鱗状斑から、また英名は赤褐色の尾から名付けられたものと思われます。

シマゴマ12

シマゴマ11

暫くすると水に浸かり

シマゴマ13

気持ち良さそうに水浴びを始めました。

シマゴマ14

次はマミチャジナイ(Eyebrowed thrush)です。マミチャジナイはインド、インドネシア、タイ、中国(香港含む)、台湾、日本、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、ロシア東部に分布し、夏季に中国北東部やロシア東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬。日本では主に渡りの途中に旅鳥として飛来しますが、少数が冬季に西日本や南西諸島で越冬するようです。

木の中で休んでいたマミチャジナイ。日本名の由来は眉斑のある茶色のツグミ(シナイはツグミの古名)、英名の由来も同じく眉斑のあるツグミ。

マミチャジナイ1

マミチャジナイ2

今日はこれまた舳倉島ならではのシマゴマ、そしてマミチャジナイをご紹介しましたが、特にシマゴマについては昨年は残念がら見ることができなかっただけに、今回の出会いは大変嬉しいものでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる