FC2ブログ

台湾の鳥たち・・・ヒメマルハシ、ズアカチメドリ

台湾シリーズの続きで、今日は何れもチメドリ科の仲間、ヒメマルハシとズアカチメドリをご紹介します。

最初はヒメマルハシ(Streak-breasted Scimitar Babbler)です。ヒメマルハシはヒマラヤから中国南部、台湾に分布し、林縁や低木林などでごく普通に見られるチメドリ科の鳥で、名前のように胸の縦斑と、三日月刀(Scimitar)のように湾曲した嘴に特徴があります。

木の中を忙しそうに動き回っていたヒメマルハシ。枝被りではありますが、湾曲した嘴と胸の縦斑がよく分かります。

ヒメマルハシ1
ヒメマルハシ2

次はズアカチメドリ(Rufous-capped Babbler)です。ズアカチメドリはヒマラヤ東部からミャンマー北東部、中国南部・中部・東部、インドシナ北部、ベトナム中南部、台湾、海南島に分布する体長約12cmのチメドリ科の鳥で、名前のように頭が赤いのが特徴です。

湿地帯で姿を見せてくれたズアカチメドリ。動きが早くなかなかうまく撮れません・・・

ズアカチメドリ1

ズアカチメドリ3

どこかで水浴びをしてきたのでしょうか、全身びっしょりと濡れていました。

ズアカチメドリ4

ズアカチメドリ5

今日はチメドリ科の鳥、ヒメマルハシとズアカチメドリをご紹介しましたが、ヒメマルハシについては最新版の「BIRDS OF EAST ASIA」によれば台湾の種はTaiwan Scimitar Babblerとして別種に分類されており、それに従えば名前のほうもタイワンヒメマルハシとしたほうがいいのではないかと勝手に想像していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる