台湾の鳥たち・・・マミハウチワドリ、コシジロキンパラ、ヒメフクロウ

今日まで長々と台湾の鳥たちにお付き合いいただき有難うございまいた。シリーズの最後に、今までご紹介できなかった鳥たちをご紹介します。

最初はマミハウチワドリ(Plain Prinia)です。マミハウチワドリは中国南西部と台湾に生息する体長約14cmほどのウグイス科の鳥で、ハウチワドリという名前は長い尾羽を扇型のように広げることから名付けられたようです。

長い尾羽が特徴のマミハウチワドリ。

マミハウチワドリ2

マミハウチワドリ1

次はコシジロキンパラ(White‐rumped Munia)です。コシジロキンパラはインド、東南アジア、中国、台湾などに広く分布する体長約11cmのカエデチョウ科の鳥で、台湾では留鳥として一年中見ることができます。なお、余談ですが、ペットとして飼われているジュウシマツは、ヒトの手によって作り出された家禽で、コシジロキンパラの一亜種であるチュウゴクコシジロキンパラが江戸時代に中国から輸入されたものが先祖と考えられています。

開けた場所に群れでやって来たコシジロキンパラ。焦げ茶色の体に下面の白色との対比が鮮やかです。

コシジロキンパラ1

コシジロキンパラ2

最後はヒメフクロウ(Collared Owlet)です。ヒメフクロウは中国南部と台湾に分布する台湾で最も小さいフクロウ(体長約16cm)で、台湾では夏季には比較的標高の高い山地で生息し、冬季には平地や里山にも出現するようです。

針葉樹の高い場所にやって来たヒメフクロウ。体こそ小さいですがそれでも猛禽、目つきにはかなり鋭いものがありました。

ヒメフクロウ1

ヒメフクロウ2

今日まで長々と台湾の鳥たち付き合いいただき有難うございまいた。今回はヤイロチョウ見たさに敢えてこの時期に当地を訪れましたが、山地の鳥を見るにはむしろ秋から冬にかけのほうがいいそうで、次回は是非そんな時期にも訪れてみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる