北海道の野鳥・・・シマフクロウ(1)

北海道シリーズの続きで、今日は希少種シマフクロウをご紹介します。

シマフクロウ(Blakiston's fish owl)は英名からも分かるように魚を主食とし、日本では主に道東の森に留鳥として棲んでいますが、数が少なく現在その生息数は140羽程度と言われています。今回、そんな希少種シマフクロウに再び出会うことができましたので2回に分けてご紹介したいと思います。

最初は当地で長年にわたり子育てをしている番のお母さんをご紹介します。暗くなりかけたころ突然川畔の木にやって来たシマフクロウのお母さん。

シマフクロウ1

そして、飛び降りる姿勢になり・・・

シマフクロウ2

シマフクロウ3

飛び降りました。羽根を広げるとやはり迫力があります。

シマフクロウ4

川の中州に飛び降りたお母さん。そして暫くの間そのままじっとしていましたが・・・・

シマフクロウ5

やがて餌の魚を探そうと動き始めます・・・

シマフクロウ6

シマフクロウ7

そして水の中に入り・・・

シマフクロウ8

シマフクロウ9

獲った魚を食べていました。

シマフクロウ30

そんな動作を何回か繰り返した後、最後は獲った魚を口に咥え・・・

シマフクロウ31

雛に餌を運ぶのでしょうか、飛び出して行きました。

シマフクロウ32

シマフクロウ33

シマフクロウ34

今日は当地で20年以上に渡り子作りをしている番のお母さんをご紹介しましたが、人間の場合、何年かすれば子育ては終わりますが、彼らは毎年同じ番で子作りをしており、毎年同じように繰り返される彼らの営みには頭が下がります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる