北海道の野鳥・・・ショウドウツバメ

北海道シリーズの続きで、今日も北海道を代表する野鳥、ショウドウツバメをご紹介します。

ショウドウツバメ(Sand martin)は夏季は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季(北半球)はアフリカ大陸や南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部で越冬。日本には夏鳥として主に北海道、本州(東北地方以北)に飛来します。

海岸の崖で営巣していたショウドウツバメ。ショウドウツバメは川や湖の岸辺や海岸の砂泥質の崖に直径5-10cm、長さ20-100cmの穴を掘って集団で繁殖しますが、この小さな巣穴を掘る習性から小洞燕の和名が付けられたようです。

崖の上から撮影したため巣穴自体はよく見えませんが、巣に戻ってきたショウドウツバメを何とか撮影することができました。

ショウドウツバメ5

ショウドウツバメ6

ショウドウツバメ7

ショウドウツバメ8

こちらは上空を飛んでいたショウドウツバメ。動きが早くなかなか捉えることができません・・・

ショウドウツバメ2

ショウドウツバメ3

ショウドウツバメ4

今日は北海道を代表する野鳥、ショウドウツバメをご紹介しましたが、今回は時間がなく、崖の上から遠くを飛ぶ姿しか撮影できませんでしたが、次回はもう少し近くでじっくり撮影したいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる