FC2ブログ

北海道の野鳥・・・ベニマシコ、ノビタキ、オオジュリン、ツメナガセキレイ

昨日の続きで、これまた北海道ならではの草原の鳥たちをご紹介します。

最初はベニマシコ(Long-tailed rosefinch)です。ベニマシコは日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息し、
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り越冬します。

公園の開けた草地で見かけたベニマシコのオス。やはり繁殖期のオスは赤色が濃いですね・・・

ベニマシコ1

ベニマシコ2

ベニマシコ4

こちらはまだ赤味が薄い若いオス。

ベニマシコ5

ベニマシコ6

ベニマシコ20

こちらは全身が明るい胡桃色をしたメス。

ベニマシコ11

次も行く先々で姿を見せてくれたノビタキ(African stonechat)です。ノビタキはユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬期は南方へ渡り、東南アジア、インド等では留鳥。日本では夏鳥として、本州中部以北に渡来し繁殖し、本州中部以南では春秋の渡りの時期に見られます。

湖畔の草原にいたノビタキの親子。まだ餌が足らないのか、小さな雛が必死にお父さんに訴えています。

ノビタキ1

ノビタキ2

仕方なく餌を探しに行くお父さん。

ノビタキ3

ノビタキ4

こちらはノビタキのお母さん。

ノビタキ10

次はオオジュリン(Common reed bunting)です。オオジュリンは夏季はユーラシア大陸の中~高緯度地域で繁殖し、冬季はアフリカ北部やユーラシア大陸南部で越冬。日本では夏季に北海道と東北地方で繁殖し、冬季に本州以南に南下し越冬します。

すっかり夏羽に換羽したオオジュリン。やはり夏羽のほうが顔がしまって見えますね・・・

オオジュリン2

オオジュリン1

最後はツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)です。ツメナガセキレイは夏季にユーラシア大陸中緯度地方以北、アラスカで繁殖し、冬季はアフリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシアなどへ渡り越冬。日本では主に渡りの途中に飛来しますが、夏季に亜種ツメナガセキレイが北海道で繁殖、冬季に亜種キタツメナガセキレイが越冬のため主に沖縄県に飛来します。

繁殖のため飛来したツメナガセキレイ。黄色いお腹がとてもきれいです。

ツメナガセキレイ1

ツメナガセキレイは虫を捕えるのがうまいのか、いつも虫を口に咥えていました。

ツメナガセキレイ4

ツメナガセキレイ5

ツメナガセキレイ2

ツメナガセキレイ3

今日もこれまた北海道ならではの鳥たちをご紹介しましたが、初夏の北海道はこれら草原の鳥がよく似合います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる