FC2ブログ

北海道の野鳥・・・亜種エゾアカゲラ、亜種エゾコゲラ、亜種キタキバシリ

北海道シリーズの続きで、今日は北海道の亜種、3種をご紹介します。

最初は亜種エゾアカゲラ(Great spotted woodpecker)です。アカゲラは日本では北海道に亜種エゾアカゲラが、本州、四国に亜種アカゲラが留鳥として周年生息し、九州以南には分布していません。

公園の森で何度も姿を見せてくれた亜種エゾアカゲラのオス。亜種アカゲラに比べ肩羽の白斑が大きく、胸や後頸の白斑はより白いのが特徴のようです。

アカゲラ1

アカゲラ2

アカゲラ3

こちらも同じ場所で見かけた亜種エゾアカゲラのメス。どこかで水浴びをしてきたようで、体が濡れていました。

アカゲラ10

アカゲラ12

アカゲラ13

次は亜種エゾコゲラ(Japanese pygmy woodpecker)です。コゲラはロシア南東部、サハリン、朝鮮半島北部、中国東北部、日本列島など、東アジアの限られた地域に分布し、日本では基亜種のキュウシュウコゲラを含め 9亜種が記載されており、一般に南へ行くほど体色が濃くなる傾向があるようです。

心なしか関東で見る亜種コゲラより全体的に白っぽく見えます。

コゲラ5

幼鳥に餌をあげていた亜種エゾコゲラの親。

コゲラ2

次は亜種キタキバシリ(Eurasian treecreeper)です。キバシリはユーラシア大陸や北アメリカ大陸の温帯から亜寒帯に生息し、生息地では基本的には留鳥ですが、北方で繁殖したものは冬季南方へ渡るそうです。日本に分布する亜種は北海道で生息する亜種キタキバシリと本州、四国、九州で生息する亜種キバシリの2種ですが、見た目にはほとんど差がなく野外での識別は難しいそうです。

公園の森で見かけた亜種キタキバシリ。確かにいつも見るキバシリとほとんど同じですね・・・

キバシリ3

キバシリ4

今日は何れも北海道の亜種、亜種エゾアカゲラ、亜種エゾコゲラ、亜種キタキバシリをご紹介しましたが、何れも見た目にはほとんど似かよっており、その気になって見ないとその違いはよく分かりません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる