北海道の野鳥・・・コサメビタキ、ニュウナイスズメ、オオジシギ

北海道シリーズの続きで、今日は今までご紹介できなかった山野の鳥たちをご紹介します。

最初はコサメビタキ(Asian brown flycatcher)です。コサメビタキは夏季にシベリア南部、朝鮮半島、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部、インドネシア、フィリピンへ南下し越冬。日本では基亜種が夏季に九州以北に繁殖のため飛来します。

公園の木々の間を飛び交っていたコサメビタキ。

コサメビタキ1

こちらは小木の中でじっと枝にとまっていたコサメビタキの幼鳥。

コサメビタキ2

暫くすると親鳥が餌を咥えてやって来ました。盛んに餌をねだる幼鳥。

コサメビタキ3

コサメビタキ5


次も同じ公園で飛び交っていたニュウナイスズメ(Cinnamon Sparrow)です。ニュウナイスズメは北はロシア、東は日本、南はインド、西はアフガニスタンまで、東アジア、東南アジア、南アジア、中央アジアに広く分布し、日本では主に北海道の平地の林や本州中部以北の山地で繁殖し、関東以南の暖地で越冬します。

公園の草地で飛び回っていたニュウナイスズメのオス。頭部と背面の栗色が実に鮮やかでした。

ニュウナイスズメ1

ニュウナイスズメ2

ニュウナイスズメ3

こちらはオスの幼鳥でしょうか、まだ少し幼い感じがします。

ニュウナイスズメ4

こちらは薄茶色で、太い黄土色の眉斑が目立つメス。

ニュウナイスズメ10

ニュウナイスズメ12

こちらは求愛給餌なのでしょうか、オスとメスが仲良く並んでいました。

ニュウナイスズメ20

次は遠征中、何度も見かけたオオジシギ(Latham's snipe)です。オオジシギは夏季に日本(主に本州中部以北)、ロシアで繁殖し、冬季になるとオーストラリアへ南下し越冬しますが、北海道では草原の至るところで見ることができ、北海道の夏の風物詩とも言えそうです。

ズビー、ズビーと大きな声で鳴きながら飛び回っていたオオジシギ。

オオジシギ3

オオジシギ4

電柱の上で休んでいたオオジシギ。

オオジシギ5

オオジシギ6

今日は今までご紹介できなかった山野の鳥たちをご紹介しましたが、鳥たちが繁殖するこの時期の北海道は野鳥の数が多いだけでなく、可愛い雛たちの姿を見ることも多く、連日楽しい時間を過ごすことができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる