カッコウ

遠征の帰り道、イヌワシを撮ろうと有名な山に立ち寄りましたが、その日はあいにくと朝から小雨模様とガス。午前中は少しガスの切れる時間帯もありましたが、お昼頃から再び雨。そんな訳で今回は諦めて帰ってきました。

という訳で、今日はイヌワシを待つ間、近くに飛んできたカッコウ(Common cuckoo)をご紹介します。カッコウはユーラシア大陸とアフリカで広く繁殖。日本には夏鳥として5月ごろに飛来しますが、托卵を行うことで知られており、本種はオオヨシキリ、ホオジロ、モズ等の巣に托卵することが多いようです。

枯れ木の先端にとまったカッコウ。当地のカッコウですが、道路脇ではたくさんのホオジロを見かけたことから恐らくホオジロに托卵しているものと思われます。

カッコウ1

カッコウ2

カッコウ3

カッコウ4

カッコウ5

その後飛び立ち、少し離れた小木にとまりました。

カッコウ6

餌となる虫を捕っているのでしょうか、小木の中で羽を広げて動き回っていました。

カッコウ7

カッコウ8

カッコウ9

カッコウ10

今日はイヌワシを待つ間、近くに飛んできたカッコウをご紹介しましたが、カッコウの仲間が托卵をする理由は未だ完全には解明されていないそうですが、他種に托卵(種間托卵)する鳥は体温変動が大きい傾向があり、体温変動の少ない他種に抱卵してもらった方が繁殖に有利になりやすいのではないかという説が有力だそうです。鳥には鳥のいろいろな事情があるのですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる