清里フォトアートミュージアム・・・<ロベール・ドアノーの写真展> 

昨日の続きで、鳥のほうが今一つであったため、その後、知人の誘いもあり一緒に「清里フォトアートミュージアム」で開催中の『ロベール・ドアノーの写真 パリ・アルプス・幸せな時間』に行ってきました。

ロベール・ドアノーは、1994年の没後もなおフランスを代表する写真家の一人だそうで、心に沁み入る瞬間をとらえる洞察力や、遊び心に満ちた感覚でフランスでは「イメージの釣り人」と評されているそうです。また、ドアノーは生涯で約45万点のネガを残しており、近年は、その膨大なアーカイヴから、様々な新機軸による展覧会・出版によって再評価の気運が高まっているそうです。

初めて訪れた清里フォトアートミュージアム

清里フォトアートミュージアム1

ミュージアムの中庭

清里フォトアートミュージアム2

ミュージアムの裏山で咲いていたレンゲショウマ

レンゲショウマ

今回展示されていたドアノーの写真はパリやアルプスを舞台にしたモノクロ主体の写真でしたが、いずれの写真も心に響く作品ばかりで、時が経つのも忘れて見入ってしまいました。

野鳥の魅力に取りつかれ、たいした写真の知識もないまま、ただがむしゃらに野鳥の写真を撮って来たこの数年間ですが、今回の「ロベール・ドアノー展」を見て、被写体の内面に迫る写真表現や奥深さ、訴える力を感じ大変勉強になりました。野鳥写真にどう生かせるかは分かりませんが、時にはこのような作品を見てみるのもいいものだと感じた次第です。

ロベール・ドアノー展は以下の要領で開催されていますので、清里方面に行かれた折、もしお時間がありましたら一度足を運ばれてはいかがでしょうか・・・

清里フォトアートミュージアム

会 期:2014年7月5日(土)~9月29日(月)
休館日:毎週火曜日(火曜祝日の場合は開館)、7月5日~9月1日まで無休
主 催:清里フォトアートミュージアム
後 援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協 力:アトリエ・ロベール・ドアノー、エールフランス航空
企画協力:コンタクト


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ





スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる