ヤマガラ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ

昨日に続き、今日は山の水場に現れた何れもシジュウカラの仲間、ヤマガラ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラをご紹介します。

最初はヤマガラ(Varied tit)です。ヤマガラは台湾から日本、朝鮮半島にかけて分布し、全体で8亜種に分かれ、南方の亜種ほど羽色が濃くなる傾向があるようです。

水場に現れたこちらは日本全土でごく普通に見られる亜種ヤマガラです。

ヤマガラ4

ヤマガラ1

ヤマガラ2

ヤマガラ3

こちらはまだ色があまり付いていませんが、今年生まれのヤマガラの幼鳥と思われます。

ヤマガラ10

次は同じく水場に現れたコガラ(Willow tit)です。コガラはユーラシア大陸中緯度地域を中心に広くに分布し、日本では九州以北の低山から亜高山の林に周年生息し、北海道では平地の林にも生息しているようです。

コガラ2

コガラ1

コガラ3

次はこちらも水浴びにやって来たヒガラ(Coal tit)です。ヒガラはユーラシア大陸の広範囲とアフリカ北部のアルジェリア、チュニジア、モロッコおよび日本、台湾に分布し、日本では亜種ヒガラが九州以北に周年生息しています。

ヒガラ1

ヒガラ2

最後は最も普通に見られるシジュウカラ(Japanese tit)です。シジュウカラは日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布し、日本では4亜種(シジュウカラ、アマミシジュウカラ、オキナワシジュウカラ、イシガキシジュウカラ)が留鳥として周年生息しています。

こちらは水浴びにやって来た亜種シジュウカラのオス成鳥。

シジュウカラ1

シジュウカラ2

こちらは側頸の黒線が途切れ、体色が薄いことから今年生まれの幼鳥と思われます。

シジュウカラ10

シジュウカラ11

今日は山の水場に現れたシジュウカラの仲間4種をご紹介しましたが、彼らに共通の「カラ」の語源については諸説あるようですが、これらの種は非繁殖期には混群になることから「山に棲む”はらから”、すなわち同胞、兄弟」ということから「カラ」と名付けられたというのが有力な説のようです。普段見慣れたシジュウカラの仲間たちですが、そんな名前の由来を調べてみるのも楽しみの一つです・・・


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる