運よく出会えたキリアイ

キリアイが飛来しているとのことで干潟を訪れましたが、現地のレンジャーの方の話では2日前から見ていないとのこと。半ば諦め半分で探したところ、何と運よくキリアイに出会うことができました。

キリアイ(Broad-billed sandpiper)はスカンジナビア半島やロシアの北極圏で繁殖し、冬期はアフリカ東北部や、中東、東南アジア、オーストラリア北部に渡って越冬。日本では旅鳥として春と秋の渡りの途中に飛来し、かつては大群が見られたこともあったそうですが、近年は小規模の群れが観察されるだけで渡来数は多くはないようです。

嘴は黒色で幅が広く、嘴先端がわずかに下に曲がったキリアイですが、これが名前の由来になっており、英名では幅の広い嘴から、和名は錐(キリ)のような嘴から名付けられたようです。

干潟で餌を探して動き回っていたキリアイの幼鳥。幼鳥では体上面の羽の羽縁が黄白色をしており、赤褐色の成鳥と識別することができるようです。また、正面から見るとキリアイの特徴である途中で2つに分かれる白い眉斑もよく分かります。

キリアイ1

キリアイ2

キリアイ3

キリアイ4

キリアイ5

キリアイ6

キリアイ7

今日は運よく見ることのできたキリアイをご紹介しましたが、かつては大群が見られたキリアイも近年は小規模の群れが観察されるだけで渡来数は少ないとのこと。やはり他の渡り鳥同様、地球規模で数が少なくなっているのでしょうか、心配です・・・


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる