オオソリハシシギ、ソリハシシギ

昨日の続きで、今日は同じく干潟で出会ったオオソリハシシギとソリハシシギをご紹介します。

最初はオオソリハシシギ(Bar-tailed godwit)です。オオソリハシシギはユーラシア大陸北部からアラスカ西部の北極圏で繁殖し、冬季はヨーロッパ西北部からアフリカ、西南アジア、東南アジア、オーストラリアの沿岸部に渡り越冬。日本へは旅鳥として春と秋に全国に渡来すします。

干潟の海岸線にやって来たオオソリハシシギの成鳥。和名のように嘴は長く上に反り、基部は桃色で先にいくほど黒くなっています。

オオソリハシシギ1

オオソリハシシギ2

オオソリハシシギ3


次はその近くの干潟にやって来たソリハシシギ(Terek sandpiper)です。ソリハシシギはユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、アフリカ大陸から、インド、東南アジア、オーストラリアの沿岸部で越冬。日本では旅鳥として春と秋に全国各地に飛来しますが、秋の方が多く見られるようです。

干潟で餌を探して歩き回っていたソリハシシギ。名前のように嘴は長く上に反っており、橙黄色の足が目を引きます。

ソリハシシギ10

ソリハシシギ11

ソリハシシギ12

ソリハシシギ13

ソリハシシギ14

ソリハシシギ15

今日は干潟で出会ったオオソリハシシギとソリハシシギをご紹介しましたが、識別が難しいと言われるシギ・チドリ類ですが、この2者についは比較的分かりやすく、頭を悩ませずに済みます・・・


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる