シロチドリ、メダイチドリ、ヒバリシギ

昨日に続き、今日も干潟で出会ったシギ・チドリ類をご紹介します。

最初はシロチドリ(Kentish plover)です。シロチドリはユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季になると北アフリカやユーラシア大陸南部に南下し越冬。日本では夏季に繁殖のため飛来、もしくは本州以南に留鳥として周年生息。南西諸島では越冬のため冬鳥として飛来するようです。

干潟の海岸線で見かけたシロチドリ。

シロチドリ1

シロチドリ3

シロチドリ2

シロチドリ4

シロチドリ4

翼を広げると上面に白い翼帯が見られます。

シロチドリ8

次は同じく干潟の海岸線で見かけたメダイチドリ(Lesser Sand Plover)です。メダイチドリはユーラシア大陸中東部で局地的に繁殖し、冬季はアフリカ東部、中東、東南アジア、オーストラリアへ渡り越冬。日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来し、関東地方以西では少数が越冬するようです。

太くて短く先端が膨らんだ嘴が特徴のメダイチドリ。上面の羽根の羽縁がバフ色で、顔や胸もバフ色味を帯びることから幼鳥と思われます。

メダイチドリ1

メダイチドリ2

メダイチドリ3


次はその近くの干潟に来ていたヒバリシギ(Long-toed Stint)です。ヒバリシギはシベリア中部からカムチャツカ半島で局地的に繁殖し、冬季は東南アジアやオーストラリアに渡り越冬。日本では旅鳥として春と秋に全国的に渡来し、南西諸島では多数が越冬するようです。

頭から背、翼が赤褐色で、顔には白く太い眉斑があるヒバリシギ。名前の由来はヒバリほどの大きさであることから名付けられたようです。

ヒバリシギ1

ヒバリシギ2

今日は干潟で出会ったシロチドリ、メダイチドリ、ヒバリシギをご紹介しましたが、秋の渡りシーズも最盛期を迎え、干潟も徐々ににぎやかになってきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる