奄美の鳥たち・・・アマミシジュウカラ、アマミヤマガラ、アマミヒヨドリ、リュウキュウハシブトガラス

昨日に続き、今日も奄美群島に生息する亜種たちをご紹介したいと思います。

最初は亜種アマミシジュウカラ(Japanese tit)です。シジュウカラは日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布していますが、その内、日本では4亜種(シジュウカラ、アマミシジュウカラ、オキナワシジュウカラ、イシガキシジュウカラ)が留鳥として周年生息しています。南方の亜種は頬の白色部が小さく、羽色が鈍くなる傾向があるようです。

原生林の森で動き回っていた亜種アマミシジュウカラ。頬の白色部はそれ程違いを感じさせませんでしたが、基亜種シジュウカラに見られる上背の緑黄色が見られず、背全体が青灰色をしていました。

アマミシジュウカラ1

アマミシジュウカラ2

次は亜種アマミヤマガラ(Varied tit)です。ヤマガラは日本、朝鮮半島、台湾に分布し、全部で8亜種に分けられていますが、南方の亜種ほど羽色は濃くなる傾向にあるようです。

シジュウカラと同じような場所にやって来た亜種アマミヤマガラ。亜種ヤマガラに比べ黄褐色や茶褐色部分が濃いことが分かります。

アマミヤマガラ2

アマミヤマガラ1

次は亜種アマミヒヨドリ(Brown-eared bulbul)です。日本、サハリン、朝鮮半島南部、台湾、中国南部、フィリピン北部に分布するヒヨドリですが、日本では8亜種に分けられ、こちらも南方に生息するもの程、体色が濃い傾向にあるようです。

原生林の森で時々姿を見せてくれた亜種アマミヒヨドリ。全体に幼い感じであり幼鳥かと思われます。

アマミヒヨドリ1

最後は亜種リュウキュウハシブトガラス(Jungle crow)です。ハシブトガラスはユーラシア大陸東部に分布し、日本では4亜種が留鳥として低地から山地まで幅広く分布していますが、当地の亜種リュウキュウハシブトガラスは奄美群島以南の南西諸島に分布し、亜種ハシブトガラスよりやや小型であるようです。

道路脇の木にとまっていた亜種リュウキュウハシブトガラス。見た目にはそれ程大きな違いを感じませんが、それでも心なしか幾分小振りの感じがしました。

リュウキュウハシブトガラス1

今日は今までご紹介できなかった奄美群島に生息する亜種たちをご紹介しましたが、今回初めて奄美大島を訪れ、「アマミ」と名の付く亜種が意外と多いことに驚きました・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる