タカの渡り・・・ハチクマ

この時期になるとタカの渡りを見たくなります。という訳で、少し早起きして乗鞍岳の東、タカの渡りのメッカ白樺峠に行ってきました。多い日には一日に数千羽のタカが渡る当地ですが、ここ数日好天が続いていたせいか、この日は飛来が少なく少しばかり残念な結果になってしまいました。それでも時折近くを飛んでいくハチクマやサシバを楽しむことができました。

今日はそんな中、比較的飛来の多かったハチクマ(Crested honey buzzard)をご紹介します。ハチクマはロシアのバイカル湖付近から極東地域、サハリン、中国東北部にかけての地域とインドから東南アジアで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面の地域に渡り越冬。日本では初夏に夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖し、繁殖を終えたこの時期南に渡って行きます。

前方を横切って行ったハチクマ。ハチクマは体色、特に羽色の変異の幅が大きいことで知られていますが、この個体は全身暗褐色であり、暗色型ハチクマと思われます。

ハチクマ8

ハチクマ7

こちらは淡色型ハチクマのオス。オスは風切先端に黒い帯があるほか尾羽にも2本の黒い帯があることから、尾羽の黒い帯がオスよりも細いメスと識別することができます。

ハチクマ1

ハチクマ2

ハチクマ5

ハチクマ10

ハチクマ9

こちらは風切先端に黒い帯がなく、尾羽の黒い帯がオスよりも細いことからメスと思われます。

ハチクマ6

上空を通過していくハチクマのメス。あまりに近くてファインダーに入りきりません。

ハチクマ3

ハチクマ4

今日はタカの渡りのメッカ白樺峠で出会ったハチクマをご紹介しましたが、ハチクマは体色や羽色の変異の幅が大きく個体ごとにかなり異なって見えることから、そんな羽色の違いを楽しむことができます・・・


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。奄美探鳥、楽しませていただきました♪

そして今日はハチクマですね。
個人的に一番見てみたい猛禽類かもしれません。羨ましいです♪

南西諸島には基本的にサシバやミサゴ、チョウゲンボウなどが多いです。
いつか内地の方に様々な猛禽類を撮影しに行きたいです。

No title

たつや様

こんにちは
ハチクマは個体ごとに羽色の変化があって見ていて楽しいです。
猛禽は時期によって見やすさに違いがあり、いつでも見られる訳では
ありませんが、今度こちらに来られるときには是非ご連絡ください。
その時に見られそうな猛禽をSさんと一緒に撮影に行きましょう!!
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる