今年も会えたコオバシギ

干潟にハシブトアジサシとコオバシギが来ているということで現地を訪れましたが、タッチの差で抜けてしまったのかハシブトアジサシのほうは見ることができませんでした。ということで、今日はもう一方のコオバシギをご紹介します。

コオバシギ(Red knot)はシベリア北部、北アメリカ北部、グリーンランド北部で繁殖し、冬季は西ヨーロッパ、アフリカ、中南米、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランドなどへ渡り越冬。日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国各地に渡来するものの数は少ないようです。

今年も見ることのできたコオバシギ。この個体は冬羽に換羽中でしたが、それでも夏羽の特徴である腹部の赤褐色がまだかなり残っていました。

コオバシギ2

コオバシギ3

コオバシギ12

このように首を伸ばすと若干スマートに見えます。

コオバシギ13

コオバシギ14

ゴカイや甲殻類が好物のようで、水の引いた干潟で盛んに餌を探していました。

コオバシギ10

コオバシギ9

羽根を少し広げてくれました。やはり動きがあるといいですね。

コオバシギ1

コオバシギ8

奥はコオバシギの幼鳥と思われる個体。時々一緒になって行動していました。

コオバシギ4

コオバシギ5

コオバシギ6

次は比較のため、ごく普通に見られるオバシギをご紹介します。
オバシギ(Great Knot)はコオバシギより生息域は少し狭く、シベリア北東部で繁殖し、冬季はインド、東南アジア、オーストラリアに渡って越冬しますが、日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国各地でごく普通に見られます。

ずんぐりむっくりのオバシギ。

オバシギ3

オバシギ10

羽根を広げてくれました・・・

オバシギ1

オバシギ2

今日は数少ない渡り鳥、コオバシギをご紹介しましたが、一般に秋に渡来するコオバシギは幼鳥が多いとされていますが、今回は運よく成鳥と幼鳥の両者を一緒に見ることができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる