やって来たハマシギ

昨日に続きで、今日は同じく干潟で出会ったハマシギをご紹介します。

ハマシギ(Dunlin)はユーラシア大陸と北アメリカの北極海沿岸のツンドラ地帯で繁殖し、冬季は中国南部、中東、地中海沿岸、アフリカ西海岸、北アメリカの東海岸・西海岸に渡り越冬。日本では旅鳥または冬鳥として全国各地に渡来しますが、日本に渡って来るハマシギの大部分はアラスカ北部で繁殖した群れであると推定されています。

冬羽に移行中のハマシギ。夏羽は頭と翼が赤っぽく、腹が黒いのが特徴ですが、冬羽では上面は灰白色の細かいまだら摸様に変化していきます。

ハマシギ3

近縁種のうち夏羽で腹が黒いのはハマシギだけだそうですので、夏羽の腹を見れば近縁種と簡単に区別が出来るようです。

ハマシギ4

ハマシギ5

この時期、飛来数が増えてきたようで、ハマシギたちは小群で餌を探していました。

ハマシギ6

コオバシギ(手前)と一緒に餌をとっていたハマシギ。

ハマシギ7

羽根を広げてくれました・・・

ハマシギ2

ハマシギ1

冬の風物詩とも言われる当地のハマシギですが、この先も日増しにその数を増やし、多くのバーダーの目を楽しませてくれることと思います・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる