蓮田のアカアシシギとタカブシギ

昨日の続きで、今日は同じく蓮田にいたアカアシシギとタカブシギをご紹介します。

最初は1羽で餌を探していたアカアシシギ(Common redshank)です。アカアシシギは夏季にユーラシア大陸の温帯域、亜寒帯域で繁殖し、冬季はアフリカ大陸やユーラシア大陸南部等へ南下し越冬。 日本では亜種アカアシシギが渡りの途中に飛来するほか、北海道東部では少数が繁殖、九州以南では越冬する個体もいるようです。

日本への飛来数はそれ程多くないアカアシシギ。嘴基部と脚の赤色が鮮やかです。

アカアシシギ3

アカアシシギ4

アカアシシギ1

次は数多く入っていたタカブシギ(Wood sandpiper)です。タカブシギはユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、ニューギニア、オーストラリアなどに渡り越冬す。日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来するほか、関東地方より南部では少数が冬鳥として越冬するようです。

白く明瞭な眉斑と、体上面が灰黒褐色で不明瞭な灰色斑が特徴の冬羽のタカブシギ。

タカブシギ2

タカブシギ6

タカブシギ1

タカブシギ3

タカブシギ4

今日はオオハシシギと同じ蓮田にやって来たアカアシシギとタカブシギをご紹介しましたが、比較的地味な色合いの冬羽のシギ・チドリの中で、嘴基部と脚の赤色が鮮やかなアカアシシギはひときわ目立っていました・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる