ルリビタキ

昨日の続きで、今日も海辺の公園にやって来たルリビタキをご紹介します。

ルリビタキ(Red-flanked bluetail)は夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬。日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬します。

オスより一足早く山から下りてきたルリビタキのメスと思われる個体。ルリビタキの若いオスはメスとよく似ていますが、側頸や小雨覆に青味が出ることから、この個体はメスと思われました。

ルリビタキ1

目がなんとも愛らしいですね・・・

ルリビタキ2

そして水辺に降りてきました。

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

ヒタキ科の鳥たちはいろいろなポーズをとって私達を楽しませてくれます・・・

ルリビタキ6

ルリビタキ7

ルリビタキ8

ルリビタキ10

ルリビタキ11

今日は海辺の公園にやって来たルリビタキのメスと思われる個体をご紹介しましたが、オスの場合、きれいな青色になるには4年以上かかるとも言われており、2年余りメスとよく似た羽色で過ごすのは、メスのふりをしてオスの縄張りに侵入し、本物のメスに近づこうという作戦ではないかとの説もあるようです。本当にそうかどうかは鳥に聞かないと分かりませんが、そんな鳥たちの不思議を考えるのも楽しみの一つです・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる