秋の舳倉島の鳥たち・・・ホシムクドリ

昨日までは舳倉島に行く途中立ち寄った海辺の公園の鳥たちをご紹介してきましたが、今日からは舳倉島で出会った鳥たちをご紹介します。

今回の舳倉島ですが、まだ時期的少し早いのか鳥の飛来が少ない上、珍し系もほとんど見られず、少しばかり寂しい結果となりましたが、今日はそんな中からホシムクドリをご紹介します。

ホシムクドリ(Common starling)はヨーロッパ東部、スカンジナビア半島、ロシア西部からバイカル湖周辺までの広い地域で繁殖し、冬季は中央アジアやイラン、アラビア半島、アフリカの地中海沿岸の地域に渡り越冬しますが、北アメリカやハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国等には、他の地域から持ち込まれた個体が外来種として生息。日本には数少ない冬鳥として主に西南日本に渡来しますが、島根県や鹿児島県では毎年少数の群れが越冬しているようです。

電柱にとまった2羽のホシムクドリ。

ホシムクドリ15

冬羽は全体が光沢のある黒色で、名前のように白や黄白色の星のような斑が散らばっています。

ホシムクドリ16

飛びだしたホシムクドリ。

ホシムクドリ17

ホシムクドリ18

ホシムクドリ19

こちらはムクドリと一緒にいたホシムクドリ。

ホシムクドリ13

3羽一斉に飛びだしました・・・

ホシムクドリ14

こちらは木にとまったホシムクドリ。

ホシムクドリ3

ムクドリと一緒に・・・

ホシムクドリ10

今日は渡りの途中、舳倉島に立ち寄ったホシムクドリをご紹介しましたが、日本では稀に見られる冬鳥であるため問題にはなりませんが、原産地のヨーロッパをはじめ、19世紀に移入された北アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどではムクドリ科特有の集団就眠による騒音や糞害、果樹や野菜への食害といった問題行動により嫌われものになっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる