秋の舳倉島の鳥たち・・・アトリ

舳倉島シリーズの続きで、今日は今シーズン初めてのアトリ(Brambling)をご紹介します。

アトリはユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島に渡り越冬。日本には冬鳥として秋にシベリア方面から日本海沿岸に飛来し、その後全国各地に散らばるようで、渡来する個体数は年による変化が大きいとも言われています。

大きな群れで島内を移動していたアトリ。

アトリ0

水場近くにやって来た冬羽に換羽中のアトリのオス。

アトリ2

暫くすると水場に降り立ち・・・

アトリ1

気持ち良さそうに水浴びを始めました。

アトリ3

アトリ4

こちらは同じく水場近くにやって来た頭部が褐色のアトリのメス。

アトリ10

水場に降り立ったメス。

アトリ11

アトリ12

アトリ13

日本では渡来直後や繁殖地への渡去直前には数千羽から数万羽の大群を作ることがあるアトリですが、今回の舳倉島でも100羽以上の群れで移動していました。そんなアトリたちも当地でしばらく羽根を休めた後、全国各地に散らばっていくものと思われます・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる