秋の舳倉島(2)・・・ツメナガホオジロ

舳倉島シリーズの続きで、今日は海岸にやって来たツメナガホオジロをご紹介します。

ツメナガホオジロ(Lapland Longspur)はユーラシア大陸や北アメリカの北極圏や亜寒帯で繁殖し、冬季はイギリス、ヨーロッパ中部から中国東部、ウスリーまでのユーラシア大陸の中緯度地帯と、北アメリカ中部に渡り越冬。日本では冬鳥または旅鳥として渡来するものの数は少なく、バーダー憧れの鳥でもあります。

遠くの防波堤にやって来たツメナガホオジロ。

ツメナガホオジロ1

その後、少し近くの岩礁に来てくれましたが、それでも鳥までの距離は相当あります。

ツメナガホオジロ2

少しトリミング

ツメナガホオジロ3

更に大きくトリミングしてみました。オスの冬羽にも似ていますが、全体的に淡色であることからメスの可能性が高いと考えられます。

ツメナガホオジロ5

ツメナガホオジロ6

ツメナガホオジロ7

足は黒褐色で後趾の爪が長いことから命名されたツメナガホオジロですが、日本に渡来する数は少なく、バーダー憧れの鳥の一つでもあります。今回の舳倉島ではそんな希少種に出会うことができ、この秋2回訪れた甲斐がありました・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる