舳倉島の野鳥(2)・・・シラガホオジロ

今日は先日の秋の舳倉島シリーズでご紹介するのを忘れていたシラガホオジロをご紹介します。

旧北区(ヒマラヤ山脈以北のユーラシア大陸およびサハラ砂漠以北のアフリカ大陸)に生息するシラガホオジロ(Pine bunting)ですが、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として、北海道、本州、九州で記録があり、特に日本海側の島嶼部では主に秋の渡りの時期に毎年観察されることで知られています。

シラガホオジロというと今迄にも何回か目にすることはありましたが何れも冬羽であり、一度はきれいな夏羽を見てみたいものだと思っていましたが、今回はほんの一瞬ではありましたが、幸運にもまだ夏羽が残っているオスのきれいな個体を見ることができました。

島の道路に出てきた夏羽のシラガホオジロのオス。特徴である頭頂、頬、上胸の白斑と、鮮やかな赤褐色の眉斑と喉を確認することができました。

シラガホオジロ1

シラガホオジロ2

こちらを向いたシラガホオジロ。和名の由来ともなった頭頂の白斑がよく分かります。

シラガホオジロ3

今日は数少ない旅鳥または冬鳥として知られるシラガホオジロをご紹介しましたが、ほんの一瞬とは言えこのようなきれいな夏羽のオスを見ることができ、遠路舳倉島を訪れた甲斐があったと感じた瞬間でもありました・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる