冬の使者・・・コハクチョウ、オオヒシクイ

今日は日本一の大きな湖・琵琶湖に今年もやって来た冬の使者コハクチョウとオオヒシクイをご紹介します。

最初はコハクチョウです。コハクチョウ(Tundra swan)はユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、カスピ海周辺、韓国、中国東部、日本などへ南下し越冬。日本では全国各地に飛来し越冬しますが、当地にも毎年多数のコハクチョウが飛来することで知られています。

浅い湖面を群れで泳いでいたコハクチョウ。前から2番目の色の濃い個体は幼鳥です。

コハクチョウ6

コハクチョウ5

真ん中で大きく羽根を広げたのはオオヒシクイ。こうして見るとオオヒシクイも結構大きいことが分かります。

コハクチョウ4

コハクチョウ1

コハクチョウ2

コハクチョウの羽ばたき。

コハクチョウ3

こちらは湖の中州に上陸して体を休めていた亜種オオヒシクイ。ヒシクイ(Bean goose)は夏季にユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になるとヨーロッパや中央アジア、朝鮮半島、黄河や長江流域へ南下し越冬しますが、日本では3亜種の記録があり、主に亜種オオヒシクイと亜種ヒシクイが渡来し、前者が渡来数の約8割を占めると言われています。また少数ながら亜種ヒメヒシクイの記録もあります。

亜種オオヒシクイは亜種ヒシクイに比べ、体がやや大きく、頸と嘴も長いのが特徴です。

オオヒシクイ1

鮮やかな橙色の脚が印象的ですね・・・

オオヒシクイ2

今日は琵琶湖に今年もやって来た冬の使者コハクチョウとオオヒシクイをご紹介しましたが、これから冬の間、訪れる人たちを楽しませてくれることと思います・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる