朝焼けのマガンとハクチョウ

日本有数の渡り鳥の越冬地である伊豆沼(宮城県北部)に行ってきましたので、今日から暫くの間、当地で出会った渡り鳥たちをご紹介していきたいと思います。

最初は朝焼けに染まったマガンです。マガン(Greater white-fronted goose)はカナダ、アラスカ州、シベリア東部で繁殖。冬季になるとアメリカ、韓国、中国、日本、メキシコなどへ南下し越冬しますが、当地は国内最大級の越冬地であり、このエリアだけで既に10万羽を超えるマガンが渡来しているとのことでした。

マガンは伊豆沼およびその周辺の湖沼を塒としており、早朝、餌である稲穂を求めて周辺の田圃へ飛び立っていきますが、今回、そんな朝の飛び立ちの瞬間を見ることができました。

朝焼けの空をバックに飛び立っていくマガンの群れ。

マガン50

マガン51

時間の経過とともに大きな群れが次から次へと飛び立っていきます。

マガン52

マガン54

マガン55

空を埋め尽くすように飛び立っていくマガンの群れ。

マガン56

マガン57

マガン58

マガン64

こちらはまだ沼に残っているマガン。

マガン60

時間とともに朝焼けの色が変化していきます・・・

マガン61

マガン62

こちらは朝焼けの水面に浮かぶハクチョウ。シルエットから見るとオオハクチョウでしょうか・・・

ハクチョウ1

ハクチョウ3

こちらは頸の長さや嘴の形からコハクチョウと思われます・・・

ハクチョウ2

今日は朝焼けをバックに飛び立つマガンの大群と、水面を優雅に泳いでいたハクチョウをご紹介しましたが、以前から一度は見たいと思っていた伊豆沼のマガンを見ることができ、当地を訪れてよかったと感じた初日の朝でした・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる