ハヤブサの飛び出し

昨日の続きで、今日は高原の耕作地に降りていたハヤブサをご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine falcon)は南極大陸を除く全世界に分布し、寒冷地に分布する個体群は冬季になると温帯域や熱帯域へ移動し越冬。日本では亜種ハヤブサが留鳥として周年生息し、冬季に亜種オオハヤブサが越冬のため稀に飛来するようです。

早朝、耕作地に降りていた亜種ハヤブサの成鳥。

ハヤブサ1

ハヤブサ2

ハヤブサ3

しばらく辺りの様子を伺っていましたが、突然飛び出して行きました。翼を広げるとやはり迫力があります・・・

ハヤブサ4

ハヤブサ5

ハヤブサ6

ハヤブサ7

何度か羽ばたいた後、林の先に消えていきました・・・

ハヤブサ8

今日は高原の耕作地に降りていたハヤブサをご紹介しましたが、和名は「速い翼」が転じたもので、日本書紀や古事記にも出てくる古い名前だそうで、昔の人達もこの速く飛ぶハヤブサを見て、このような名前を付けたのだと思うと、何となく愛着が湧いてきます・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる