サイパンの鳥たち・・・シロアジサシ(枝どまり)

サイパンシリーズの続きで、今日は滞在中最もたくさん出会ったシロアジサシをご紹介します。

シロアジサシ(White tern)はインド洋や太平洋、大西洋の熱帯、亜熱帯の島嶼で繁殖し、非繁殖期は周辺の外洋に生息。日本ではかって南鳥島で繁殖していたものの、現在は迷鳥として小笠原諸島や南西諸島に渡来することが知られています。繁殖期は集団でコロニーを形成し、海岸近くの木の横枝に産卵することが多く、繁殖地ではよく樹上にとまっている姿が観察されるようです。

そんなシロアジサシですが、ここサイパンは繁殖地であり、海岸近くでは数多くのシロアジサシが飛翔していたほか、木の横枝にとまっている姿も見ることができました。

1羽だけで横枝にとまっていたシロアジサシ。全身白色で、眼の先に小さな黒斑があるため眼がより大きく見えます。

シロアジサシ50

シロアジサシ52

暫くするとメスと思われる個体がやって来て、別の枝に2羽が仲良く並びました。

シロアジサシ55

シロアジサシ54

仲睦まじく寄り添う2羽。

シロアジサシ57

そして求愛行動でしょうか?お互いの体を寄せ合っていました・・・

シロアジサシ58

シロアジサシ59

その後、何事もなかったかのように横枝にとまっていた2羽。

シロアジサシ53

最初は飛翔する姿しか見ることができなかったシロアジサシですが、車で移動中、偶然枝止まりのシロアジサシを発見し、仲睦まじく寄り添う2羽を撮影することができました。飛翔するシロアジサシもいいものですが、このように真近で見る枝止まりもいいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる