サイパンの鳥たち・・・ナンヨウショウビン

今年もいよいよ最後の日を迎えましたが、稚拙なブログを愛読いただきありがとうございました。
本年最後は同じくサイパンシリーズの続きで、滞在中、島内のあちこちで目にしたナンヨウショウビンをご紹介します。

ナンヨウショウビン(Collared kingfisher)は紅海西岸からアラビア半島、インド沿岸部、東南アジア、ミクロネシア、ニューギニア、オーストラリア北西部等に広く分布する留鳥で、日本では迷鳥として、南西諸島(宮古島、石垣島、西表島、与那国島)において記録があるようです。

ホテルの中庭にやって来たナンヨウショウビン。以前、ボルネオやシンガポールで見たナンヨウショウビンは頭が背中、翼と同じ青緑色をしていましたが、当地のナンヨウショビンは頭部が白く、ちょっと見には別種のようにも見えました。

ナンヨウショウビン1

ナンヨウショウビン3

暫くの間、同じ場所にとまっていましたが、飛び立とうとするのか前傾姿勢になり・・・

ナンヨウショウビン4

飛び出して行きました・・・

ナンヨウショウビン5

ナンヨウショウビン6

ナンヨウショウビン7

こちらはホテルの別の場所にやって来たナンヨウショウビンのオスと思われる個体。大声でメスを呼んでいました。

ナンヨウショウビン15

そして呼びかけに反応するように、メスと思われる個体がやって来ました。

ナンヨウショウビン16

ナンヨウショウビン18

その後、やや距離を置いて仲良く枝にとまっていました。

ナンヨウショウビン19

今日は島内のあちこちで目にしたナンヨウショウビンをご紹介しましたが、本種は亜種が多く(学説によっては50の亜種に分類している)、同じマリアナ諸島でも島によって羽衣の違いがあり、サイパン亜種では青い過眼線が後頭に周り、頭頂部は白色ですが、近くのロタ島の亜種ですと頭部全体が青と白の斑模様というようにバリエーションが多く、行く先々でその変化を楽しむことができるようです・・・

それでは皆様良いお年をお迎えください・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる