コミミズクの百面相

昨日に続き、今日はコミミズクの色々な表情をご紹介します。

夕方近くになって近くの木にとまったコミミズク。既に獲物のネズミをたっぷり食べた後なのか、飛び立つ気配もなくじっと低木にとまっていまいたが、この後、色々な表情で私達を楽しませてくれました。

少し羽角を立てたコミミズク。羽角を立てるのは相手を威嚇する時や危険を察知したときに立てると言われていますが、この時は多数のカメラマンがいたことから威嚇していたのでしょうか?

コミミズク90

コミミズク91

コミミズク92

しっかりと羽角を立てたコミミズク。

コミミズク93

コミミズク94

コミミズク95

今度は笑っているような表情を見せてくれました。

コミミズク96

こちらは目を吊り上げたような顔をしたコミミズク。

コミミズク97

首を傾げたコミミズク。

コミミズク98

今日は羽角を立てたコミミズクと百面相をしたコミミズクをご紹介しましたが、羽角を立てるのは相手を威嚇する時や、危険を察知したときに見せることは何となく理解できますが、百面相のような表情は何のためなのでしょうか? 一説では擬態は折れた枝に見せるためという説がありますが、これらはコミミズクなりの擬態の一種なのでしょうか? 何とも不思議です・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる